オンラインHDF 無料送迎について インターネット初診予約

 ■ 透析科の診療時間


 
8:30〜
13:30〜
17:30〜22:00

休診日:日曜日

 ■ 内科の診療時間


 
9:30〜12:30
16:00〜18:30

休診日:木曜日、日曜日、祝日



〒162-0801
東京都新宿区山吹町348 DSDビル4F
有楽町線「江戸川橋駅」より徒歩2分
TEL:03-5229-7717 FAX:03-5229-7718



医療安全対策部

1.設置目的

医療安全対策委員会で決定された方針に基づき、組織横断的に院内の医療安全管理を担う部門として、医療安全対策部を設置する。

2.業務内容

① 医療安全対策委員会及びリスクマネージャー会議で用いられる資料及び議事録の作成及び保存その他の庶務を行うこと。

② 日常的に院内を巡回し、各部署の医療事故(アクシデント)及びインシデント(以下「医療事故等」という。)に関する診療録、看護記録等への記載、本指針及 びリスクマネジメントマニュアルの整備及び遵守、改善策の実施、インシデント・アクシデントレポートの活用状況等が適切かつ充分になされていることの確認 を行うとともに、必要な指導を行うこと。

③ 患者や家族への説明など医療事故等発生時の対応状況について確認を行うとともに、必要な指導を行うこと。

④ 医療事故等の原因究明が適切に実施されていることの確認を行うとともに、必要な指導を行うこと。

⑤ 医療安全管理に関する連絡調整を行うこと。

⑥ インシデント・アクシデントレポートの集計及び分析を行うこと。
(報告者への具体的な耳状聴取を含む。)

⑦ 複数の部署にまたがるシステム上の問題又は各部署では分析が難しい問題を分析し、改善策を立案し、関係部署に実施の徹底を図ること。

⑧ 医療安全管理に関する個々の職員研修の企画及び運営を行うこと。

⑨ 医療安全に関する情報の収集及び提供を行うこと。

⑩ 医療事故調査委員会の幹事としての取りまとめを行うこと。

⑪ その他の医療安全対策の推進を行うこと。

分類 患者への影響度 内容
インシデント レベル0 間違ったことが患者に実施される前に気づいた場合
レベル1 間違ったことが実施されたが

患者には変化がなかった場合

レベル2 事故により患者に変化が生じ

一時的な観察が必要となったが
治療の必要がなかった場合

事故により患者に変化が生じ

継続的な観察や安全確認のための検査が
必要となったが、治療の必要がなかった場合

アクシデント レベル3 事故のため一時的な治療が必要になった場合
事故のため継続的な治療が必要になった場合
レベル4 事故により長期にわたって障害が残った場合
レベル5 事故が死因となった場合

 

医薬品の安全使用のための業務手順書

第1章 総則

第2章 医薬品の採用に関する手順

第3章 医薬品の購入に関する手順

第4章 調剤室における医薬品の管理に関する手順

第5章 病棟・各部門への医薬品の供給に関する手順

第6章 外来患者への医薬品の使用に関する手順

第7章 在宅患者への医薬品の使用に関する手順

第8章 病棟における医薬品の管理に関する手順

第9章 入院患者への医薬品使用に関する手順

第10章 医薬品情報の収集・管理・提供に関する手順

第11章 他施設との連携に関する手順

第12章 事故発生時の対応に関する手順

第13章 教育・研修に関する手順