投稿日:2017年10月2日|カテゴリ:ブログ

昨晩この番組を見ていて、勿論知ってることだったのですが、次回は”腎臓が寿命を決める”でした。あーやっぱりそうやって間違えて伝わるかもと思いました。

腎臓がリンを排泄できなくなるとリンにしげきされFGF23が骨から出て、それがKlothoというのを調節する。
Klothoは腎臓からも出て来る。
Klothoがノックアウトされたネズミは、動脈硬化や骨そそう症で早死します。
寿命は短く老化と似ています。

でも老化と症状が似ている事と寿命は科学的には別で、権威あるアメリカの清書を見てもこのことは書いて有りません。
寿命は遺伝子から説明されている。
Klothoは日本人が見つけたからなんでしょうが、私的には言い過ぎかなと思います。
勿論素晴らしい発見である事は間違いなく、最先端の腎臓学会でも色々追求されています。
敢えて興味がおありなら FGF23は測定可能ですがKlothoはいまは測れないようです。