投稿日:2020年3月11日|カテゴリ:ブログ

前回書いたようにコロナウイルスにはフォイパンが効く可能性があります。クロロキンも実は同じところを阻害するという論文も見つけました。自分も不安で処方してあります。病名は逆流性食道炎で。平均潜伏期5.2日、発症して3日目ぐらいに肺炎 とあるので、風邪っぽい発症から2日目ぐらいから飲めばいいかな。3日かけてウイルスは肺胞に到達すると考えています。肺炎にならなければ風邪だから。試しに飲んで見ましたが別に副作用はなかったです。皆さんに使って欲しいのでブログも拡散して下さい。
少し学問的。フォイパンの作用はウイルスが細胞に侵入するのを防ぎます。コロナウイルスやインフルエンザウイルスには有効でエボラはダメです。SARS などの後に研究室で確認されたので、人に使われた報告は有りません。実験室では肺胞上皮細胞を使ったわけでは無いので、人で効くかどうか臨床試験待ちです。理論的にはコロナウイルスレセプターのACE2を過剰に発現させても侵入は防げたので実験室の役割は終わったような気がします。