投稿日:2020年6月17日|カテゴリ:ブログ

コロナウイルスは第2波が来ると構えていますが、まず民間ベースで検査が改善されています。PCR検査もブログで書いたように唾液でできるようになったし、当院のような小さなところでも、届けさえ出せばいつもの検査会社がやってくれます。早速届けを出して、透析の患者さんで疑わしくなったらできるようにしました。これだけでも今までのように公的病院に紹介しないとできなかったのと比べても一日早く結果がわかります。
 Natureになんとステロイド使えば死亡率は1/3に減らせるというイギリスの論文が解説されていました。軽症でなくて、呼吸器を必要とする場合にデキサメサゾンを6㎎使うと死亡率が減るということです。サイトカインストームに絞れば抗炎症薬であるステロイドで、よくなるのは私たちから見れば当然だったのですが。3月に中国からの報告で、ステロイドは効かないという一言があり、どうすればいいのかうろうろしていたのが現状です。軽症では使わない、差はないというのがみそだったのでしょうか。ウイルスに対する治療とサイトカインストームに対する治療は別物だとして、検討すればよかったのですね。統計的にステロイド使った群と使わない群を比較していて、間違いないのですが、こういうデザインされた臨床研究は日本も下手だと言わざるを得ませんね。アビガンが効くか効かないかはたぶん富士フィルムが結果出さないとわからないのではないか、そうすると今年中に出るかどうかわからないということのようですね。