投稿日:2021年7月17日|カテゴリ:ブログ

やっとというか、コロナでは死なないといえる薬が出ました。以前(11/23のブログ)から話していた抗体製剤です。臨床医学では、最高峰の雑誌の一つ

NewEngl.J.Med.。2つの抗体を混ぜてあるトランプ大統領を治した方法です。リジェネロン、ロッシュ、中外製薬も協力しています。平均53歳の500人以上の患者さんで、診断ついて3日以内に投与すると、入院が2% 偽薬は7%,死亡は0%,偽薬は2%前後でした。これはフェーズ3の大規模試験で、二重盲検ですから信頼できる結果です。7/19に日本で承認されました。抗体制剤なので値段が高めです。 政府が買い上げたそうで、支払いは無料だと思います。

前も書いたかもしれませんが、この2つの抗体カクテル療法はエボラで、95%以上の成績を収め拡大を阻止できた方法です。コロナも同じRNAウイルスですから、エボラが参考になった訳です。抗体投与で、初期に重症化を防ぐうちに、自分が抗体作るのを待つ訳ですので、早めに打つのが決め手です。

実際のところ薬は政府がコントロールしているそうなので、簡単に使ってくれないと思います。50歳以上で、肥満か心臓疾患などが有れば可能です。もし、リスクがありそうだと思う方は希望して受けて下さい。この情報が1人でも役に立てば幸いです。